看護師になって

私は始め、違う事務の仕事をしていました。その仕事を3年間続けた後、やりがいを感じる仕事に就きたいという思うと看護士免許を、持っていたこともあり、看護士への転職を考え、転職エージェントという存在を知りました。
転職エージェントに登録すると、希望しているエリアや、職種、待遇、職歴などを確認する為の電話があります。

その後、対応出来るエージェントからメールや電話があり、そのエージェントとやり取りしていく事になります。自身の希望を伝えると、それに合った病院をいくつか紹介してくれたり、その中から気になるものを選んだり、より自身に合った病院探しをサポートしてくれます。
また、病院と志望者の間に立って、面接日などの調整も行ってくれるため、とてもありがたかったです。希望すれば、履歴書の添削や、面接の練習などの面倒もみてくれます。
転職活動に大切なこととして以下のことが挙げられると思います。
まずきちんとした自己PRを行うということです。
自分がいかにその転職求人に相応しいかを相手に理解してもらうために、過去の仕事で得たスキルや性格などきちんと頭の中で整理して伝えることが大事だと思います。転職と聞くと仕事をかえることをデメリットに考えてしまうかもしれませんが、伝え方によっては逆にプラスに作用することもできます。一度自分の中でよく考え整理することが大切です。
次に、転職理由を明確にすることです。
転職する理由を明確にすることは、転職を成功させるための必要不可欠な条件でもあります。例えば、会社に不満があるのであれば、不満の部分はどんなことなのか、具体的には書き出してみるとよいと思います。「給与が少ない」「土日に休めない」「残業が多い」「仕事内容が合わない」など、転職したいと思ったきっかけや原因があるはずです。不満のある会社を辞めることが目的ではなく、その不満をクリアできる転職先を探すことでミスマッチを回避することができます。
転職理由がはっきりしていれば、志望する企業を絞りこむ目安にもなるでしょう。

色々な事を挙げましたが、何より一番大事なのは、転職して今より、より良い仕事環境を手に入れたいという自分自身の強い気持ちです。ぶれずに、考えを貫き、転職活動に励んでいってほしいと思います。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です